深宇宙から発せられた謎の強力なエネルギーを持つ電波を捕捉(カナダ)

深宇宙から発せられた謎の強力なエネルギーを持つ電波を捕捉(カナダ)


 この宇宙は目に見えない光で満ちている。可視スペクトルを超えた範囲で見てみれば、宇宙は太陽のフレア、崩壊しつつある星、爆ぜる磁場、うねる塵の雲、ブラックホールなどから放たれた電波やマイクロ波で色鮮やかに飾られている。

 だが不可解な光もある。数十億光年を隔てた深宇宙より届く、起源不明・原因不明のミステリアスな超強力なエネルギーのスパークだ。

 こうした謎のパルスは、わずか数ミリ秒しか続かないことから高速電波バーストと呼ばれている。

 7月25日の朝、そうしたミステリアスなバーストが、カナダ、ブリティッシュコロンビア州の山間部に設置された電波望遠鏡アレイで捕捉された。

 それは、これまで検出された中で、最も珍しい電波周波数の1つだった。

【ミステリアスな信号「FRB 180725A」】

 アストロノマーズ・テレグラムで発表された声明によると、ミステリアスな信号(FRB 180725Aと名付けられている)は、580メガヘルツという低い周波数で送信されていた。これはそれまで検出された高速電波バーストより200メガヘルツ近くも低い。

 「これらのイベントは昼夜生じており、その到着時間に既知の現場活動などの発生源との相関は見られない」とカナダ水素強度マッピング実験(Canadian Hydrogen Intensity Mapping Experiment/CHIME)のプロジェクトマネージャーを務めるパトリック・ボイル(Patrick Boyle)氏は報告している。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年8月7日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。