今となっては再現不可能。倫理を度外視して物議をかもした7つの悪名高き過去の心理学実験

今となっては再現不可能。倫理を度外視して物議をかもした7つの悪名高き過去の心理学実験


 人の心の内は複雑だ。その心と行動を研究するのが心理学だ。

 脳はその記憶すらも改ざんするというし、自分が意思決定したと思い込んでいたことだって、実は何かの影響を受けている場合もある。

 一筋縄ではいかないのが人間心理だが、かつては根拠が薄弱で、偏見に富み、倫理など度外視したかのような心理学の研究が行われていた。

 以下では、物議をかもし、今では再現不可能な古典心理学の研究7つを紹介しよう。

【1. リトル・アルバート実験】

[動画を見る]
J.B. Watson and the Little Albert phobia experiments

 20世紀初頭、アメリカの心理学者の間では「行動主義」が流行していた。

 これは我々の行動は自由意志とはあまり関係がなく、動物的な反射や過去の経験に基づく学習反応であるという仮説だ。

 ロシアのイワン・パブロフは、犬がベルの音に反応してヨダレを流すようにできることを実証した。だがジョンズ・ホプキンス大学のジョン・B・ワトソンらは同じことを人間で行おうとした。

 アルバートという9ヶ月の赤ちゃんを借り、恐怖を教え込もうとしたのだ。

 ワトソンらは、赤ちゃんが白ネズミに触るたびに、彼が泣くまでハンマーで騒音を立てたのだ。やがてアルバートはネズミやウサギ、あるいはサンタクロースのマスクを見るだけで泣くようになった。

 1920年の発表当時、研究は高く評価され、心理学の新分野の扉を開くものとみなされた。しかしその後は倫理や方法論的な観点から激しい批判を浴びるようになった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月29日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。