戦場でなくなった馬たち悼み、人文字で馬の頭部を作り敬意を表したアメリカ兵士(第一次世界大戦時)

戦場でなくなった馬たち悼み、人文字で馬の頭部を作り敬意を表したアメリカ兵士(第一次世界大戦時)


 第一次世界大戦(1914-1918)に参戦したアメリカでは民間人の徴集にとどまらず、多様な動物が駆り出された(関連記事)。

 とりわけ兵力として集められた馬は数百万頭にものぼり、最前線に立つ騎兵や物資の輸送に使われるなどして命を落とした。
 
 だが大戦後まもなく、戦場で亡くなった馬たちを悼み、感謝と敬意を表した米兵たちがいた。

 馬の頭部を象徴すべく整然と並んだ650名もの兵。彼らの任務は、軍用馬の育成と訓練だったという。
【軍馬を育てて訓練した士官たちの写真】

 このモノクロ写真は、第一次世界大戦が終了した翌年の1919年、米ニューメキシコ州にあったキャンプコディという陸軍駐屯地にて撮影されたものらしい。

[画像を見る]

 撮影者は米軍需品科所属の士官と考えられている。食料や物資などの輸送といった、後方支援を任されていたようだ。

 写真内の兵たちは、このキャンプで軍用馬の育成訓練を支えた士官と下士官およそ650人だった。彼らは指揮官であるフランク・G・ブリューワーズが騎乗した「デビル」という馬の頭をかたどっている。

【亡くなった馬たちへの感謝と敬意の印】

 これは命を落とした多くの馬への心からの感謝と敬意の印だった。この戦争では馬たちが頻繁に死亡し、この兵たちが育てて可愛がった馬も犠牲になった。
 
 馬は古くから戦場で重宝されたが、第一次世界大戦で亡くなった馬の数は信じがたいものになった。およそ800万頭の馬が命を奪われ、多数のラバやロバも犠牲になったという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月2日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。