パンの為じゃなくビールの為?古代に農業が発達したのはビールが飲みたかったからという研究結果(米研究)

パンの為じゃなくビールの為?古代に農業が発達したのはビールが飲みたかったからという研究結果(米研究)


 スタンフォード大学の考古学者がビールの歴史を覆そうとしている。

 考古学が専門のリ・リュウ氏が現在のイスラエルにある洞窟で発見したのは、これまで知られているものとしては最も古いビール醸造所の跡だ。

 これは古い議論を再燃させるかもしれない。
 すなわち「ビールが先か、パンが先か?」という問題だ。

 なんとビールの方が先だった可能性があるという。
【穀物の耕作が始まるより早くビールの醸造が行われていた?】

 イスラエルにある洞窟で発見されたのは、ビール醸造に起きたイノベーションの痕跡だ。 リュウ氏らの考えでは、近東で穀物の耕作が始まるようになった時代よりも数千年は早い。

 『Journal of Archaeological Science: Reports』に掲載された研究論文は、「一部地域でそもそも穀物の栽培が促された要因はビールかもしれない」という60年以上前に提唱された仮説を裏付けている。

[画像を見る]
ビールの名残りが見つかったラケフェット洞窟 Image credit: Li Liu

【人工アルコール最古の記録】

 その証拠は、数千年前にナトゥフ人(地中海東部の狩猟採集民)がビール造りを行なっていたことを示している。

 現在のイスラエル、ハイファ付近にあるラケフェット洞窟で発見された1万3000年前の石臼を調べたところ、ビールの醸造が大規模に行われていたことが明らかになった。

 人が作ったアルコールとしては世界最古の記録で、ラケフェット洞窟がナトゥフ人の墓地だったこともあり、ビールは死者を祀る儀式や祝宴に用いられたのではと推測されている。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年9月15日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。