火山噴火から着想。ジオエンジニアリングで気温を下げられることが判明。ただし副作用あり(米研究)

火山噴火から着想。ジオエンジニアリングで気温を下げられることが判明。ただし副作用あり(米研究)


 人類は、大気汚染とそれによって引き起こされる環境問題に気付くまで、数十年という月日を費やした。

 現在、気温上昇による気候変動は着実に悪化している。それに対応すべく生み出されたのがジオエンジニアリング(地球工学)だ。

 今回、アメリカ・カリフォルニア大学のバークレー・グローバル・ポリシー研究所が発表した研究によると、大気中に硫化カルボニルを放出することで気温を下げることができることがわかったという。

 これは火山噴火により気温が低下したという事例から着想を得たアイディアだ。

 ただしこの方法には副作用があるという。局地的な極端な寒冷化が起こり、農業に影響を与えるというのだ。

【火山噴火の事例から気温を下げる方法を発見】

 ジオエンジニアリング(地球工学・気候工学)は、人工的にに雲を増やしたり、地球を冷やす為の微粒子を撒いたり、宇宙に太陽光を反射する鏡を設置するなどといった技術である。

 今回、カリフォルニア大学のバークレー・グローバル・ポリシー研究所は、大気中に硫化カルボニルを放出することで大気硫酸塩エアロゾルの上昇を引き起こし、地球温暖化を防ぐ事が出来ることを発見した。

 この研究は、火山噴火という自然現象からアイデアを得た事が画期的な点だ。

 火山噴火により地球の気温が低下する現象は、1991年、フィリピン諸島で起きたピナトゥボ山噴火が良い例だ。

[画像を見る]
ピナトゥボ山噴火 image credit:...続きを読む

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年9月25日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。