「葉っぱを持ってきたのでクッキーくださいな」おやつが欲しい犬と見守る人々、まるで童話の世界のよう

「葉っぱを持ってきたのでクッキーくださいな」おやつが欲しい犬と見守る人々、まるで童話の世界のよう


 コロンビアのとある学術研究所にいる一匹の犬。この犬はキャンパスで働くスタッフに引き取られていて、いつでも自由に構内をうろうろしてるんだ。

 職員だけでなく、学生たちにもかわいがられてのびのびと暮らしている彼。学生たちはときどき、クッキーを買い与えてやったりしていたそうだ。

 ところがある日、この犬が思いがけない行動をしてニンゲンたちを驚かせた。1枚の葉っぱをくわえて売店のカウンターに差し出し、クッキーがほしいとねだったのだ。
 
 こちらがその犬。名前はネーグローさんというそうだ。コロンビアにある「カサナレのモントレイ技術教育研究所」で人々にかわいがられている。

[画像を見る]

 売店で教師や学生が買い物をしている姿を間近で見てきたネーグローさん。なにやらピラピラしたものをこのカウンターの向こうにいるニンゲンにわたせば、おいしいおやつがもらえる!と学んだようなんだ。

[画像を見る]

 いつもは、ニンゲンが気まぐれにクッキーを買ってくれるけど……。
[画像を見る]

 「自分で買えば、好きなだけ食べられるんじゃね???」

 と、どうやら気づいてしまったらしい。
[画像を見る]

 こうしてネーグローさんは、たびたび葉っぱを持ってきては、引き換えにクッキーをねだるようになった。

[画像を見る]

 困っちゃったのは売店の店員さん。最初は、ネーグローさんのかしこさに心底びっくりして、思わずクッキーを"売ってしまった"んだって。...続きを読む

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年9月30日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。