ペットも家族としての権利が認められる。離婚の際、人間の子と同様の方法で親権を決めるられるように(アメリカ)

ペットも家族としての権利が認められる。離婚の際、人間の子と同様の方法で親権を決めるられるように(アメリカ)


 アメリカ・カリフォルニア州で、来年1月1日よりペットに関する新法が施行されることが決まったようだ。

 夫婦が離婚することになり飼っていたペットをどちらが引き取るかで意見が食い違った場合、人間の子どもの親権争いと同じようなやり方で裁判官が最終的な判断を下せるというものだ。

 これまでペットは「夫婦の共有財産」と見なされ、大型テレビよりちょっと上ぐらいの位置付けだった。

 しかしこの法律が制定されることにより、ペットも立派な家族の一員としての権利を得たことになる。
【ペットを飼育するのは夫か妻か?人間同様の裁判で決められる】

 ジェリー・ブラウン州知事が9月下旬に署名して成立した新法では、ペットは今まで同様「夫婦の共有財産」とされるものの、離婚の際、夫婦間で今後どちらが引き取るかでもめた場合、裁判で決めることができる。

 「これまで、どちらがよりペットに食事を与え、獣医や散歩に連れて行き、愛情を持って育てていたか」など、人間の子供の親権を争うときの裁判と同じように、事実に基づき裁判官が判断を下せるようになるのだ。

[画像を見る]

【かつてペットの親権をめぐって泥沼化したケースも】

 保護犬を引き取って飼っているというロサンゼルスの弁護士、メガン・グリーンさんは「いい法律だと思う」と新法に賛同する。

 メガンさんは以前、ペットをどちらが引き取るかで泥沼の争いとなった夫婦の離婚案件を経験している。

 妻は「この犬は夫からプレゼントされたもの。つまり私のもの」だと主張。しかし夫は「実際に犬の世話をしていたのは僕だ」と言い張り、ついに裁判直前までもつれこんだという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月3日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。