犬と猫、どっちも家族にしたいし仲良くさせたい。猫と相性が良いとされる5種の犬

犬と猫、どっちも家族にしたいし仲良くさせたい。猫と相性が良いとされる5種の犬


 犬と猫。両方いたら、どんなに毎日が楽しいことだろう。

 ネット上でも犬と猫+@と、種類の違うペットたちが楽しく暮らしている動画をよく目にする。いろいろ違うから、いろいろ楽しいのだ。

 とは言えやはり動物にも相性がある。異種の動物たちが必ず仲良くなるとは限らない。もちろん個体差が大きいのだが、品種による相性もあるようだ。

 ここでは、猫と比較的相性が良いとされる5種類の犬を見ていこう。

 もちろんこの犬種ならどんな猫もOKというわけではないし、海外基準によるものだけど、ある程度の指針にはなるかもしれない。

【1. 狆(ちん)】

[画像を見る]

 日本原産の犬種である狆は、絹のように繊細な毛並みが特徴の小型犬。身体能力が高く、猫のような敏捷性も持っていることから、海外では「中身は猫」とも評されている。

 遊び心があっていたずら好き。賢く強い意志の持ち主で、家族を思いやる愛情深い性格。さらに適応性が高く、新しい家族にも落ち着いて接する個体が多いので、新入りの猫にも冷静に対応できそうだ。 

【2. ゴールデンレトリバー】

[画像を見る]

 つやのあるふさふさの毛が印象的なゴールデンレトリバーは遊び心でいっぱいの犬種。また多芸多才で融通が効く性質から、異種の仲間にもなじみやすいと考えられている。

 たいていのゴールデンレトリバーは猫にもやさしく、ぞんざいに扱うこともまずない。持ち前のなつっこさで猫を家族の一員として受け入れ、他の犬のように嫉妬することもほとんどないという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年10月27日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。