カナダの山中に突如現れた謎のワーム状の構造体の正体が12年の時を経てようやく解明される

カナダの山中に突如現れた謎のワーム状の構造体の正体が12年の時を経てようやく解明される


 カナダの山岳地帯に突如現れた巨大ワームの正体がようやく解明されたようだ。

 荒野に広がるワーム状の構造は、2006年9月、人工衛星Quickbird Twoによって撮影された衛星画像で初めて明らかになったもので、その原因がわからず多くの専門家が首を傾げていた。

 その謎がつい最近解明されたのだという。

[動画を見る]
What Is This Worm-Like Structure in Canada? | What on Earth?

【巨大ワームが襲来した後のような地面の模様】

 その衛星画像を見ると、まるで巨大ワームが襲来した後のような感じになっているのがわかる。

[画像を見る]

 生物学者のロブ・ネルソン氏も「まるで巨大なワームが移動したような跡だ」とコメントしていた。

 まるで迷路のような、始まりも終わりもわからないこんな巨大なぐにゃぐにゃ道をいったい誰が作ったというのだろう?

 軍事歴史学者であるアンドリュー・ロバートショウ氏も「説明がつかない、まったく謎の現象だ」とコメントしていたが、つい最近その謎が明らかとなったようだ。

【金採取の為、土砂などを取り去る作業が行われていた】

 この謎を解く鍵はすぐ近くにあった長方形の人工的に建てられた建物にあったのだ。

[画像を見る]

 残された後をより近くで見てみると、その正体は無数に並べられた岩や砂利であった事が分かる。

[画像を見る]

 直ぐ近くにあった長方形の建物は「

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年10月21日のびっくり記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。