飼い主が引き取りを放棄し、動物病院で飼うこととなった猫。自ら望んで毛皮の看護師に(アメリカ)

飼い主が引き取りを放棄し、動物病院で飼うこととなった猫。自ら望んで毛皮の看護師に(アメリカ)

 
 人間の医師が人間の患者を診る時に大切なことはコミュニケーションだ。しっかりと患者の症状を聞き、最善の治療法を説明する。

 だが相手が動物だったらどうだろう?言葉の通じない患者とのコミュニケーションは難しいこともあるだろう。でも、もし患者ともコミュニケーションの取れる毛皮を着た看護師がいたらどんなに心強いだろう。

 どうやらそんな獣医師がアメリカ・ペンシルバニア州フィラデルフィアに実在するらしい。もとは野良猫だったというスパーキーさん、現在では大切な命を救う重要な任務に就いているらしい。

【怪我の治療のために病院に運ばれたものの...】

 スパーキーさんは2009年にこちらの病院に怪我猫として運び込まれた。当時子猫だったスパーキーさんは無事に治療を終えた。

 ところが、待てど暮らせどスパーキーさんを預けに来た人は引き取りに来なかった。

 そこでそのまま病院で暮らすことに。

 一度はスタッフが自宅に引き取ったものの、病院の方が好きだったらしく、毎日鳴き叫ぶ日々が続いたため、元の病院暮らしに戻ることとなった。
 
[画像を見る]

【自ら望んで病院にいたかった猫】

 スパーキーの家は病院なのだ、とスタッフたちが気づいたと同時にスパーキーさんは病院での頭角をめきめきと現すようになったそうだ。
 
 「スパーキーは捨てられた猫ですが、今では自分の仕事を持った1匹前の猫です。当院には他にも猫がいますが、スパーキーは自身のプライベートゾーンをもって心身を休めています。」と病院スタッフのシェリーさんは語った。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年10月26日のびっくり記事
「飼い主が引き取りを放棄し、動物病院で飼うこととなった猫。自ら望んで毛皮の看護師に(アメリカ)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    猫は神様の使いニャ

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら