「地獄への入り口」マヤ文明時代の生贄の犠牲者となった少女の遺骨が宿るアクトゥン・チュニチル・ムクナル洞窟

「地獄への入り口」マヤ文明時代の生贄の犠牲者となった少女の遺骨が宿るアクトゥン・チュニチル・ムクナル洞窟


 かつて南アメリカ大陸で栄えたマヤ文明の時代、神への供物として人間を供える「生贄」の習慣は当たり前のように行われていた。

 いまでもその名残を見ることができる。

 アクトゥン・チュニチル・ムクナル洞窟内部には、当時生贄となった犠牲者たちの骸骨が14体眠っている。

 中でも有名なのは、仰向けになって口をあけて寝そべっていた18歳の少女の遺骨だ。

 この少女の亡骸の脊椎の2か所が粉砕されている。彼女は発見後「クリスタル・メイデン」と名付けられ、多くの人々の注目を集めている。
【洞窟の奥にある生贄部屋。そこに眠る少女の遺骨】

 アクトゥン・チュニチル・ムクナル洞窟は1989年に発見された。ベリーズのサン・イグナシオから1時間ほどの場所にあるテイパー山自然保護区内に位置する。

 テイパー山自然保護区に入ってから徒歩でおよそ1時間の場所に洞窟の入り口がある。だが、その内部に行くには洞窟内に流れる水流を数キロメートルは泳がなければならない。

 そうしてやっと遺骨の眠る生贄部屋にたどり着く。

[画像を見る]

【頭を殴られ生贄とされた犠牲者たち】

 この洞窟では合計14体の遺骨が残されている。その年齢層は幅広く、1歳の幼児から大人にいたるまで様々だ。

 中には死亡する直前まで拘束された痕跡のついた者もいる。また幼い子供の多くには頭蓋変形の痕があった。

 死因の多くは頭部を重いもので殴られた外傷によるもので、中には頭蓋骨が完全に砕けているものがある。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年10月27日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。