超高速地下輸送システム「ハイパーループトンネル」が2018年12月10日、ついに開通!

超高速地下輸送システム「ハイパーループトンネル」が2018年12月10日、ついに開通!


 世界が注目する企業家でありエンジニアでもあるイーロン・マスク氏が、以前から構想を明かしていた革新的高速輸送システムハイパーループの開通を自身のツイッターで発表した。

 今月22日のツイートによると、オープン予定日は今年12月10日。米カリフォルニア州ホーソーン市の地下システムがついに披露されるようだ。
【高速で乗客を輸送する次世代交通システム】

 ハイパーループと呼ばれるこのシステムは、混雑する地上輸送車の代わりに地下トンネルを高速輸送車で移動するもので、次世代交通システムとも称される。

 そのプロジェクトはロサンゼルスの交通渋滞に不満を述べていたマスク氏が2016年から着手していた。

 2017年にホーソーン市に承認されたトンネルは、マスク氏がCEOを務める宇宙輸送企業スペースX社の敷地の下に設けたもので、長さは2マイル(約3.2km)。

 その掘削作業もマスク氏がCEOであるトンネル掘削会社ボーリングカンパニー(The Boring Company)が進めたという。

 トンネル内では、スケートと呼ばれる電動プラットフォームが乗客16人が乗る車両を一気に運ぶ。そのスピードは最高で時速250kmにもなるという。

【オープニング翌日は一般人の無料乗車も予定】

 マスク氏はこの記念すべき12月10日の夜にオープニングイベントを行うとも発表。さらに翌日には一般の人に無料で乗車してもらう予定だという。

イーロン・マスク氏の公式ツイートより
初のトンネルがもうすぐ始動

12月10日に開通

その発表にこんなフォロワーの声もあった。
Pkmn Master Holly:そのトンネルがこの映像みたいにクールになりますように!

イーロンマスク:かなり近いよ

 ボーリングカンパニーはこのトンネルネットワークをさらに進めて、米ニューヨーク市とワシントンDCをつなぐ「ループ」に接続する計画も明かしている。

 同社はこの大規模なインフラの構築資金は十分あるとしているが、輸送の専門家たちはこのシステムを渋滞の解決策とみなす点には疑問を呈しており、カリフォルニア州の長期にわたる環境審査で計画倒れになる可能性も指摘している。

References:designtaxiなど /written by D/ edited by parumo

記事全文はこちら:超高速地下輸送システム「ハイパーループトンネル」が2018年12月10日、ついに開通! http://karapaia.com/archives/52266734.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年10月27日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。