例外的な措置。聖職者カイレスの墓が王室のファラオたちが眠るピラミッド付近で発見される(エジプト)

例外的な措置。聖職者カイレスの墓が王室のファラオたちが眠るピラミッド付近で発見される(エジプト)


 チェコのプラハ・カレル大学のエジプト学研究所が、アブシールのピラミッド平原で、ファラオの腹心の部下であり親友でもある、聖職者カイレスの珍しい墓室を発見した。

 その墓は、紀元前2500~2400年(古代エジプト第5王朝期)ごろのピラミッド平原の中心にある。

 このエリアは、王室のメンバーや高官たちの墓として割り当てられる場所で、身分違いの聖職者の墓がここにあることは通常ならばありえない。

【カイレスの功績をたたえた例外的な措置】

 カイレスの墓は、500メートル以上の範囲に広がっていて、墓内には、埋葬前の葬儀の祭礼や清めの儀式を執り行う部屋がいくつもあった。

 祭礼の礼拝堂は、玄武岩のブロックを敷き詰めてあり、紀元前3000年特有の建築偉業が完璧に見られる。

 玄武岩の使用は王だけに限られた特権で、それがこの墓に見られるということは、この墓の主は例外的な身分だったという証拠のひとつだ。

 残念なことに、主の肩書を記した石碑はほんのわずかしかないが、侵入者を欺くいわゆる偽の扉は、今日まで保存されている。

[画像を見る]

 カイレスの玄室は、大昔に盗掘されていたが、石灰岩の石棺の隣には、花崗岩でできた彼の像がもともとの場所にそのままあった。

 墓は露天掘りの穴の中に作られ、石棺は上から中に下ろされたようだ。

 それから石灰岩のブロックを並べて壁が作られ、それぞれの重さが少なくとも8~9トンもある巨大な石灰岩のブロックで天井が塞がれて、玄室は封印された。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年10月29日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。