なんだ、ガラスの破片か。一応拾っとくか。で持って帰ったら、実は大きなホワイトダイヤモンドだった件(アメリカ)

なんだ、ガラスの破片か。一応拾っとくか。で持って帰ったら、実は大きなホワイトダイヤモンドだった件(アメリカ)


 アメリカ・コロラド州に住む匿名の女性(71歳)が、本人の気付かぬ間にうらやましすぎる「人生最大の発見」をしたようだ。

 女性が夫や息子、孫らとアーカンソー州にあるダイヤモンド・クレーター州立公園を訪れたときのことである。

 この公園は「世界で唯一の誰でもダイヤモンドを採掘できる公園」として知られており、女性も家族とともにダイヤモンド探しを楽しんでいた。

 ダイヤモンドを探すこと約10分間。女性は地面の上にキラリと光るものを発見したが、ダイヤモンドっぽくない。きっとこれはガラスの破片に違いない。

 そのまま立ち去ろうとしたが、一応記念にと、息子のポケットに入れてもらい持ち帰ることにした。だがこれが実は・・・?
【ガラスの破片ではなく今年最大のホワイトダイヤモンドだった】

 女性らはビジターセンターに戻り、持ち帰ったガラスの破片をスタッフに見せた。

 すると、驚きの事実を告げられた。女性が発見したのはガラスの破片ではなく、乳白色の美しいホワイトダイヤモンドだったのである。

 しかも2.63カラットという大きさで、2018年にこの公園で見つかった中で今のところ最大のダイヤモンドだったのだ。

[画像を見る]

【独特の模様がユニークなうずら豆ほどの大きさの宝石】

 この件について女性は

とにかく驚いたわ。何をどう考えればいいのか分からなかった。地面の上に普通にあったんですもの。まさかダイヤモンドを発見しただなんて思わなかった

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年10月29日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。