アメリカ「最古の武器」の歴史を塗り替える発見。15,500年前の槍先が発掘される。

アメリカ「最古の武器」の歴史を塗り替える発見。15,500年前の槍先が発掘される。


 北アメリカ大陸の武器の歴史を塗り替えたであろう打製石器が発掘された。

 15,500年前の尖頭器(槍先)である。

 これは、アメリカ大陸に人類が移住してきた時期について新たな疑問を投げかける発見だという。

 地中の堆積層から発見された武器や道具はチャート(ケイ質の堆積岩の一種)から作られた石器だ。特に重要なのは、それらがクローヴィス文化という、アメリカに最初に移住してきた人たちの文化とされるものよりも古かったことである。

【北アメリカ大陸への移住の時期はこれまでの推測より早かった】

 この尖頭器(先端と尖らせた打製石器)が発見されたのは、アメリカ・テキサス州の州都オースティンから北西に約64キロのところにあるデブラ・L・フリードキン遺跡だ。

 この尖頭器の発見からは、北アメリカ大陸への移住が2度にわけて行われており、1度目はこれまで専門家が考えていたよりも前の時期だった可能性が窺える。

[画像を見る]
南北アメリカ大陸の移住モデル

【アメリカ先住民の先祖の歴史】

 「こうした武器は、当時、狩りに使われたものであることは疑いありません」とファーストアメリカン研究センター(Center for the Study of the First Americans)のマイケル・ウォーターズ教授は説明する。

 この発見が注目に値するのは、「ほとんどすべての先クローヴィス遺跡から石器が見つかっている一方、槍先はまだだった」からである。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年10月28日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら