恐竜と鳥をつなぐミッシングリンクはどのようにして発見されたのか?



 つまりはこれまで知られていない新種だったのである。そして、この化石には、それを世間に紹介することにしたアルベルシュドルフェル氏にちなみ、「Archaeopteryx albersdoerferi」という学名が授けられた。

【それはどこから来てどこに行ったのか?】

 ミッシングリンクが発見されると、2つの疑問が生まれるのが常だ。

 すなわち「どこから来たのか?」、そして「どこへ行くのか?」である。

 今回のケースでは、Archaeopteryxは1996年に中国で発見された羽の生えた恐竜からやって来た。

 そして、Archaeopteryx albersdoerferiへと続く。それは始祖鳥が単なる羽の生えた恐竜ではなく、紛うことなき一番最初の鳥であることを裏付けている。

References:How we discovered a new species of the 'missing link' between dinosaurs and birds/ written by hiroching / edited by parumo

記事全文はこちら:恐竜と鳥をつなぐミッシングリンクはどのようにして発見されたのか? http://karapaia.com/archives/52266818.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年10月29日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら