イギリスの社会問題。家賃が支払えず車で寝泊まりするホームレスが急増中

イギリスの社会問題。家賃が支払えず車で寝泊まりするホームレスが急増中


 イギリスでは家賃が給与の伸びの6倍という速さで上昇しており、そのために家賃が払えず、車中泊を余儀なくされる人たちが増えているそうだ。

 これは西部の港湾都市ブリストルで特に顕著な傾向で、イーストンやベッドミンスターといった貧しい地区では、M32号線に近い通りに車中泊の車がズラリと並んでいる。

 ブリストルのホームレスの数は約30万人と推測されている。
[動画を見る]
300,000 Homeless in UK as thousands sleep in vans in Bristol

 車の外には手作りの物干し用ロープが張られている。窓が割られた車や、落書きだらけの車もある。それでも車は彼らにとって家だ。

 より所得層の高い地区でも似たような状況だ。クリフトンダウンには奇抜な見た目のバンやキャンピングカーが列をなす。

 中にはストーブやコンロなどが備え付けられている車もあるが、それ以外はかろうじて眠るスペースがあるだけの普通の車だ。そうした車が街で一番高級で景観の良い場所に駐車している。

[画像を見る]

【車で暮らす人が急増の為、法整備に追われるブリストル】

 ブリストルは、車で暮らす人のための政策を導入したばかりだ。

 この政策では、短期的には、大きな迷惑をかけない限りは大目に見てもらえる。しかし反社会的行為が報告された場合は、立ち退きを要求される。

 ちなみに今年前半、イーストンの墓地周辺では、近隣住民の苦情によっておよそ50台が立ち退きを要求されたという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年10月29日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。