エイリアンエッグが泳いでいるみたい?新種のホヤ類が発見される(アメリカ)

エイリアンエッグが泳いでいるみたい?新種のホヤ類が発見される(アメリカ)


 いまだ謎の多い深海には、まだ見ぬ面白生物が満載だが、今月発見された新種のホヤ類のルックスがすごくいい感じだ。

 この新たなホヤを見つけたのは、かつて新種の肉食の海綿生物を発見したことのある、深海調査に余念がないMBARIモントレー湾水族館研究所だ。

 細い長い茎のようなものを支えに、ユラユラ揺れながら栄養を摂取する新種のホヤ。エイリアンエッグにそのまま尻尾つけて泳がせたかのようにもみえるし、とにかくユニークでSFチックな姿だ。
[動画を見る]New deep-sea species Culeolus barryi

【深海で見つかった新しいホヤ】

 これは、米カリフォルニア州モントレー湾の深海およそ1200mで発見された新種のホヤ類だ。

[画像を見る]

 発見当初は未分類だったが、のちにCuleolus(ツリガネボヤ属)に属する新たなホヤとして、今年5月、研究に携わったMBARIの生物学者ジェームズ・P・バリー博士にちなみ、Culeolus barryiと名付けられた。

【細長い茎で体を支えて栄養摂取】

 Culeolus barryiの体は半透明で、海底に付着する細長い茎のような部分で本体を支えながら、体内を流れる海水中の微粒子から栄養を集めているという。

[画像を見る]

 調査によると、これらのホヤの大きさはばらつきがあり、ある標本は茎のような部分が長さ38cm、幅4.5mmで本体が長さ10.5cm、幅5cmほど。

 もう一つの標本は茎のような部分が19cmで幅2.5~3mm、本体長さ6.5cmで幅3.5~4cmほどだという。

本体は一見卵のような形だが、海水が通るようになっている
[画像を見る]

内部に並んでいる粒のようなものは生殖器官だそうだ
[画像を見る]

たまに入ってる白いうねうねは無害な線虫とのこと
[画像を見る]

MBARIの公式ツイート

 海の底に浮かぶチューリップのような変わった形。こういう生き物が見つかるなんてやっぱ深海って想像以上に奥深いわ。

References:mbariなど /written by D/ edited by parumo

記事全文はこちら:エイリアンエッグが泳いでいるみたい?新種のホヤ類が発見される(アメリカ) http://karapaia.com/archives/52267629.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年11月17日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。