「アレクサ、犯人は誰?」殺人事件の現場にあったスマートスピーカーに出廷命令が出される(アメリカ)

「アレクサ、犯人は誰?」殺人事件の現場にあったスマートスピーカーに出廷命令が出される(アメリカ)


 AmazonのEcho (エコー)は、ご存じAmazon製のAI(人工知能)アシスタント・アレクサを搭載したスマートスピーカーである。

 話しかけるだけでさまざまなことができるスマートなやつなわけだが、アメリカでは、このエコーが裁判所への出廷を命じられる事態となっているようだ。

 二重殺人の現場となった民家にエコーがあったらしく、保存されている音声情報に事件解決の手掛かりがあるのでは?と期待されている。
【民家で女性二人が殺害される凶悪事件が発生】

 事件が起こったのは2017年1月29日、ファーミントンにあるクリスティーン・サリバンさん(当時48歳)宅でのこと。

 この日、サリバンさんは友人のジェンナ・ペッレグリーニさん(当時32歳)と自宅にいたが、何者かにより裏庭で殺害された。

 警察によると犯人は鋭利な刃物を用いて二人を殺害したようで、ペッレグリーニさんは43回刺され、サリバンさんは8回刺された上に頭蓋骨が骨折していた。

 二人の遺体は自宅の裏庭にビニールシートをかけた状態で残されており、凶器と思われるナイフはその付近に埋められていたという。

[動画を見る]
Amazon Echo Recordings Could Contain Evidence For NH Double-Murder Trial

【監視カメラに映っていた男性を逮捕するも無実を主張】

 この事件に関して警察は2017年8月、ティモシー・ベリル容疑者(34歳)を第一級殺人(最も罪の重い殺人)で起訴した。...続きを読む

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年11月21日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。