地上でもっとも乾燥したアタカマ砂漠では、雨は恵みではなく死をもたらす(チリ)

地上でもっとも乾燥したアタカマ砂漠では、雨は恵みではなく死をもたらす(チリ)


 干ばつ地域での雨は恵みとなる。渇きに苦しんでいた生命は水分によって蘇っていく。だが、地球上で最も乾燥し、なおかつ最古の砂漠では事情が異なる。

 恵みどころがそれが災いとなるようだ。

 チリに広がるアタカマ砂漠では、滅多にない雨が降ると災厄がもたらされる。そもそも渇きに苦しんでいる生命は既にそこには存在していない。

 雨が超乾燥状態に適応するよう進化してきた生命を殺してしまうのだ。

【アタカマ砂漠に降った突然の雨で大量絶滅】

 アタカマ砂漠は1500万年もの間、事実上ずっと超乾燥状態にあった。過去500年で、まともな雨が降ったという記録は一切ない。

 それがここ数年で急激な変化に見舞われている。2015年の3月と8月にとんでもなく珍しく雨が降ったかと思えば、昨年6月にもまた降雨が観測されたのだ。

 これによって大昔から続く乾燥状態が崩れた
 ――そして同時に、他の部分まで崩れてしまった。

 そこに生息する生命は超乾燥状態に適応するよう進化してきたのだが、突然の雨に対応できるようには進化していなかったのだ。
 
 「アタカマ砂漠に雨が降ったら、花々が咲き乱れ、砂漠に生命が芽吹くと期待していました」と米コーネル大学の宇宙生物学者アルベルト・ファイレン氏は話す。

 「ところが逆のことが起きました。極端なまでに乾燥したアタカマ砂漠に降った雨のおかげで、ここの固有種である微生物のほとんどが絶滅してしまったのです。」

[画像を見る]...続きを読む

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年12月5日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。