朝起きたら異星人!?自宅でのヘアカラーはパッチテストを十分に行わないと大変なことになる件

朝起きたら異星人!?自宅でのヘアカラーはパッチテストを十分に行わないと大変なことになる件


 髪色を変えたいときに便利なのが市販のヘアカラー剤だ。自宅で使えて気軽だし、ドラッグストアに行けば色とりどりの商品が並んでいる。

 しかし、その際に注意しなければならないことがある。

 知っている人も多いかもしれないが、ヘアカラーの染料にアレルギー反応を起こさないかどうか、毎回パッチテスト(皮膚アレルギー試験)を行う必要があるのだ。

 もしパッチテストをおざなりにしてヘアカラー剤を使い、アレルギー反応を起こしてしまったら・・・?

 フランス・パリ郊外のヴァル=ド=マルヌ県に住む学生、エステールさん(19歳)は、ヘアカラー剤に一般的に使われているPPD(p-フェニレンジアミン)にアレルギー反応を起こした。

 頭部が腫れ上がって息もできない状態となり死にかけたらしい。

 エステールさんはそのときの姿をネット上に投稿したんだが、あまりの衝撃ビジュアルに海外ネット民は騒然となった。

【48時間を待たずに髪を染め始めたところ悲劇が】

[動画を見る]
≪ Mon front a double de volume a cause d'une teinture pour cheveux ≫

 事件が起こったのは先月、エステールさんは自分で髪を染めようと地元のスーパーでヘアカラー剤を購入した。

 説明書にある通りにパッチテストを行ったが、推奨されている48時間を待たずに30分後に髪を染め始めた。

 するとすぐさま頭皮に刺激と腫れを感じ、これはマズイと染髪し、医師の指示のもと抗ヒスタミン剤を使用した。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年12月16日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。