小児病院に寄付しまくり、人知れず慈善活動を続けているキアヌ・リーブスの半生と心温まるエピソード

小児病院に寄付しまくり、人知れず慈善活動を続けているキアヌ・リーブスの半生と心温まるエピソード


 世界中のネット民に最も愛されてる俳優キアヌ・リーブス(該当記事)の喪失の半生を知る者はそう多くない。

 『マトリックス』『スピード』などで成功を収めたキアヌ。だが54歳となる彼の私生活には、若い頃の苦難や愛する者との別れの傷がいまだ見え隠れする。

 しかし心優しい彼は、その壮絶な体験と同様の悲劇をなくすことを目標に、ありったけの恩返しや、ひそかな援助を自らの使命にしている。

 ギャラのほとんどを小児病院に寄付するなど、キアヌがこっそりやっているいくつもの慈善活動や、現場のスタッフが告白した彼の心温まるエピソードをお伝えしよう。

【悲しい別れに涙したキアヌの半生】

 キアヌ・リーブスは3歳の時に父親が家族を捨てて出て行き、自身はディスレクシアのために高校を4つも転々とするという切なく苦しい十代を過ごした。

[画像を見る]

 それでもなんとか卒業はできたが、23歳の時に親友のリバー・フェニックスが薬物の大量摂取で死亡し、恋人との間にできた初めての赤ちゃんが死産。

[画像を見る]

 その影響で恋人ではなくなったものの親しい友人となった元彼女がなんとドライブ中に事故死。これも複数の薬物摂取が原因だった。

【妹の白血病を機に手を差し伸べる人生を決意】

 度重なる親友の急逝に落ち込むキアヌ。さらにその失意から立ち直りかけた頃、妹のキムの白血病が判明。

 幸いにもキムの治療は順調だが、キアヌはこれらの経験から自らの手を差し伸べる生き方を決意した。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2018年12月18日のびっくり記事
「小児病院に寄付しまくり、人知れず慈善活動を続けているキアヌ・リーブスの半生と心温まるエピソード」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    ハリウッドセレブは必ず何らかの慈善事業に寄付している。この辺が日本セレブとは異なり、その社交性ギャップを如何にも美談化に映す邦記事。友人の死因を考えれば薬物経験者でも薬物撲滅の寄付が妥当。

    2
  • 匿名さん 通報

    キアヌ・リーブスの行動は賞賛に値するが、日本でこの手の記事を書いても、利己的に酔わせているだけ。席を譲る行為は紳士的で日本人もやっているが、日本女性の中には行為に対し、「余計なお世話」平然と言う。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。