悪魔祓いはなぜ今日まで続いているのか?キリスト教におけるエクソシズムの歴史

悪魔祓いはなぜ今日まで続いているのか?キリスト教におけるエクソシズムの歴史


 45年前に公開された映画『エクソシスト』は、超自然の恐ろしい所業が描かれている。悪魔がひとりのアメリカ人少女に憑りつき、最後にはカトリックの司祭によって撃退されるのだが、この映画で、キリスト教の悪魔祓いを初めて知ったという人も多いだろう。

 キリスト教神学の観点からすると、キリスト教におけるエクソシズムの歴史は、悪魔との戦いに身を投じるという概念が、キリスト教徒が自分の信仰や世界を理解するのにいかに重要な方法だったかを示している。

【中世初期】

 イエスキリストの生涯について、聖書はエクソシズムのいくつかの話をとりあげて説明している。1世紀のユダヤ教に共通の見解を反映した福音では、悪魔を、神に対抗し、人々に憑りついて悪に引きずり込む精霊として描いている。

[画像を見る]
フランス、トゥールーズの司教、聖Exupereによる悪魔祓い。5世紀始め。

 悪魔に憑りつかれた人間は、常軌を逸した奇怪な行動をするという。例えば、ルカによる福音書には、悪魔に憑りつかれたある少年が、口から泡を吹いて激しく痙攣したとある。

 イエスキリストは悪魔を追い払う特別な力を持っていて、信者も同じような力を持つことができると約束している。

 それから数世紀、悪魔祓いを行うときには、イエスキリストの名を唱えることが一般的になった。

 2世紀、キリスト神学者のオリゲネスは、キリスト教徒が邪悪な精霊を精神や肉体から追い払うのに、どのようにしてイエスキリストの名を使うかを説明している。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年1月2日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。