持病を持った猫たちの為の特別な保護施設(カナダ)

持病を持った猫たちの為の特別な保護施設(カナダ)

 
 カナダのブリティッシュ・コロンビア州リッチモンドにはRAPSという行き場のない猫や猫後天性免疫不全症候群(猫エイズ)患者の為の特別な保護施設がある。

 緑豊かで光あふれるその場所には、現在約500匹以上の猫が穏やかに暮らしているそうだ。

【持病を持った猫を受け入れる施設】

 現在北米でも最大規模のものとなっているRAPSは、厳しく監視するのではなく、心のこもった愛情で細やかなケアをし、猫たちが命をまっとうするまでやさしく見守っていくのが方針だ。

 そしてここは、保護施設のとしては数少ない、白血病や猫エイズに罹患した猫を引き取るシェルターでもあるという。

 病にかかった猫とそうでない猫は別々の場所で暮らしているので、病をうつすなどと言った心配はないという。
 
ここは行き場をなくした猫たちにとっての楽園だ。

[画像を見る]
常時450匹から500匹の猫がここで暮らしている。ダイエットに励む猫も、病気の治療に励む猫もいるが、どの猫にも必要なのはあたたかな愛情だ。
[画像を見る]
 食事時には猫たちが集まり、順番待ちをしている姿を見ることができる。
[画像を見る]
 お昼寝中のジュディとチベット
[画像を見る]
【猫エイズは人間に感染しない】

 猫後天性免疫不全症候群は別名猫エイズとも呼ばれる猫の感染症である。感染すると猫の免疫系が徐々に破壊されていき、免疫力が極端に低下してしまう。

 感染経路の多くは感染した猫とケンカして咬まれることによるものだ。噛み傷に感染した猫の唾液が入り込み感染してしまうという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年1月19日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら