玄関チャイムを3時間舐め続けた男をとらえた監視カメラ映像(アメリカ)

玄関チャイムを3時間舐め続けた男をとらえた監視カメラ映像(アメリカ)


 どこで誰とどんな風に新年を迎えるか、大みそかの過ごし方は人それぞれである。しかし、こんな過ごし方をする人は・・・まあいないんじゃないかな?

 アメリカ・カリフォルニア州サリナスにあるシルビア・ドンカンさん宅で昨年の大みそか、とても奇妙な事件が起こったみたいなんだ。

 見知らぬ男が玄関までやってきて、ドアホン(玄関チャイム)を3時間もなめ続けたのだ。ドアホンを鳴らすのであれば普通だがなめ続けるとなると・・・どういうことだってばよ。
【他人宅のドアホンを3時間もなめ続ける男が現る】

[動画を見る]
Raw: California man caught licking doorbell

 この日、シルビアさん宅の監視カメラがとらえた映像は衝撃的なものだった。見知らぬ男が玄関先までやって来て、ひたすらドアホンをなめていたのである。

 男はドアホンを3時間ほどなめ、立ちションをし、なぜか延長コードを庭の方に移動させた。

 シルビアさん夫妻は外出しており、家の中で子どもたちが寝ていたが、物音で起こされることはなかったという。

[画像を見る]

【監視カメラにバッチリ映りすぐに特定される始末】

 サリナスの警察はこの男をロベルト・ダニエル・アロヨ(33歳)と特定し、行方を追っている。

 サリナスの警察の広報担当者は、

防犯カメラの映像があまりにも鮮明だったので驚いたが、そのおかげで犯人を特定するのに時間はかからなかった

とコメント。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年1月11日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。