スプーンに乗りそうな小さな子猫、心優しい家族のもとで成長中

スプーンに乗りそうな小さな子猫、心優しい家族のもとで成長中

 
 生後3週間ほどで保護された小さな小さな猫のフランシスさんが、保護施設にやってきた時人々はその小ささに驚いたそうだ。

 なんと体重113グラム、サイズはスプーンに乗ってしまいそうなほど小さかったのである。

[画像を見る]

 生後3週間は経っているはずなのに、他の兄弟の半分も体重のないフランシスさんは新生児と見まがうほどの小ささだったという。体重のわりに頭は少々大きめだったそうだ。

 「フランシスと一緒に保護されたフランシスの兄弟はみんな280グラム以上ありましたが、フランシスはその半分もない小さくて本当に華奢な体をしていました。」と後の養育主エレンさんは語る。

[画像を見る]

 保護施設のスタッフたちはフランシスを動物病院『ノヴァ・キャット・クリニック』へ連れていくことに。そこで養育者をエレン・カロッツァさんに頼むこととなる。

[画像を見る]

 診断の結果、フランシスは心雑音が聞こえること、毛がところどころ抜けていることはわかり、さらに詳しい診断が行われることとなった。

 そこでフランシスは成長ホルモン欠乏症であることが発覚したという。いくつかの健康的問題も抱えているということも分かった。

 それでも初めてウェットフードを食べたときに見せた、小さなフランシスからみなぎる生命力にエレンさんは胸打たれてしまったという。

[画像を見る]

 エレンさんはこのままフランシスが十分に大きくなったら正式に引き取ることにしたそうだ。そしてエレンさんや獣医の皆さんの懸命なお世話の甲斐もあり、生後6週間経ったフランシスはほんの少し大きくなった。体はまだまだ小さめだけど、元気よく過ごしているという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年1月11日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。