歯や目を見てみよう。猫の年齢を見分ける方法と猫の寿命

歯や目を見てみよう。猫の年齢を見分ける方法と猫の寿命


 猫の年齢は人間の年齢に換算するといくつになるのだろう?

 近年は、犬や猫の1年7歳説への詳しい見解(該当記事)も広まりつつあるが、海外で作成された猫のライフステージに着目した情報が話題になっている。

 人間年齢への換算や実年齢を知る方法など、猫の歳や寿命にまつわるあれこれを紹介しよう。
 猫専門サイトのcasterは猫年齢を人間年齢に換算するのに役立つヒントとして、以下のような方法を紹介している。

【1. 猫の7年説はまちがい?】

 「人間の1年は猫の7年」説は、猫が速く成長するという点では正しい。ただし厳密にいえば、猫は生まれて2年のあいだにもっと急速に成長する。

 猫は生まれて1年で人間の15歳相当、2年で24歳相当になる。それ以後は毎年およそ4歳ずつ年を取る。

[画像を見る]

 つまり、生まれて5年経った猫は人間の年齢で36歳ほどになる。ただし、これは室内飼いの猫の年齢で、外で暮らす猫の場合はもっと速く、その2倍で老化する。

【2. 猫の見た目で年齢を見分ける方法】

 元野良猫や、生まれた年が不明な保護猫も年齢を判断する方法はいくつかある。獣医が猫年齢の手がかりを得るためにチェックするポイントは以下の4つだそうだ。

1. 歯
 歯は猫年齢の優れた目安だ。仮に以前の飼い主がその猫の歯磨きに手を抜いてた場合、年を取った猫は若い猫よりも歯が汚れる傾向がある。

 子猫の乳歯が生えてくるのは生後2~4週間あたりで、4ヶ月には永久歯が生えそろう。猫の口を開けて、白い永久歯があれば、その猫は1歳ぐらいだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク