絶望的な状態で保護されたジャーマンシェパード、奇跡の回復物語(アメリカ)

絶望的な状態で保護されたジャーマンシェパード、奇跡の回復物語(アメリカ)


 3年ほど前、アメリカのヒューストンの貧困層が住む街で保護されたのは、やせ細ったジャーマンシェパードである。
 
 のちにフラニーと名付けられたこの犬は、極端に衰弱した状態で真冬の路上をさまよっていた。救助隊が駆けつけた時は死と隣り合わせにあった。

 だが彼女は、献身的な救助や愛情のこもった治療で驚異的な回復を遂げた。

 絶望的状態にあっても、生きる希望を持ち続けたフラニーは、多くの人手を差し伸べられて元の姿を取り戻し、ついには永遠の家族にも巡り合えたのだ。

[動画を見る]Frannie - Be a Voice - Val's Pals GSD and Large Paw Rescue

【極度の衰弱状態で見つかったフラニー】

 2015年の12月、テキサス州ヒューストンのスラム街で行き場のない犬たちを探していたボランティアが衰弱しきったフラニーを見つけた。
 
 連絡を受けた犬の保護団体Val’s Palsの救助隊が捜索に出て、いろいろ探した末に藪の中で丸まっている彼女を発見した。

 駆けつけたスタッフの一人エリック・ホリデーさんによると、当時のフラニーはすべてをあきらめていたようだった。

[動画を見る]

 死が目前に迫っていた彼女は、見つかるのがあと一日遅ければ、厳しい夜の冷え込みで冷たくなっていたに違いなかった。

[動画を見る]

 重態のフラニーはすぐに動物の救急病院に運ばれた。そこのスタッフもここまでひどい容態の犬を見たことがなかったという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年1月29日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。