アメリカ政府の極秘UFO調査計画「プロジェクト・ブルーブック」に関する9つの事実

アメリカ政府の極秘UFO調査計画「プロジェクト・ブルーブック」に関する9つの事実


 1952年から1969年にかけて、アメリカ空軍と政府はUFO目撃事件や体験についての情報を収集し、その研究を極秘で行っていた。

 「プロジェクト・ブルーブック(Project Blue Book)」である。

 現在は機密解除されており、プロジェクト・ブルーブックの全調査報告書はネット上からもアクセスすることができる。

 今年はプロジェクト・ブルーブックが終了してちょうど50年目にあたる。この極秘プロジェクトについてのいくつかの事実を見ていこう。

【1. 以前にも政府のUFO研究は行われていた】

 プロジェクト・ブルーブックが始まる5年前の1947年、ケネス・アーノルドという男が、ワシントン州レーニア山付近を自家用機で飛行中、9機の輝く飛行物体を目撃した。

 この一件はケネス・アーノルド事件として知られており、「空飛ぶ円盤」という呼び名が広まるきっかけになった。

[動画を見る]
Kenneth Arnold UFO Sighting, 1947

 それから間もなく、米政府は空飛ぶ円盤の危険性を評価するための「SIGN計画」に着手。その報告書である「状況の評価(Estimate of the Situation)」は1948年に提出されたと言われている。

 報告書には、目撃されたUFOが地球外に由来するという線も説明としてはあり得ると述べられていたらしいが、なぜか空軍関係者によって破棄されてしまった。
 
 さらに1940年代後半、それよりも怪しげな調査プロジェクト「

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月4日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。