火星にできた放射状に広がる謎のクレーター。巨大な隕石が衝突した可能性(米研究)

火星にできた放射状に広がる謎のクレーター。巨大な隕石が衝突した可能性(米研究)


 火星の地表に放射状に広がっている巨大なクレーター。
 これはいったい何なのか?

 アメリカ・アリゾナ大学の月惑星研究所からの報告によれば、このクレーターは、南極に衝突した隕石の衝撃によって作られたものらしい。

 隕石は氷層に衝突したことは、爆発パターンの色調でわかるという。

 このクレーターの画像は、2005年に打ち上げられた火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターに搭載されている月惑星研究所が開発したカメラ「HiRISE」が撮影したものだ。

 「HiRISE」は地球以外の惑星に送られたものとしては、これまでで最高クラスの解像度を誇っている。

[画像を見る]

 画像のデータから、隕石が衝突したのは昨年7月から9月であると推定されている。

 さらにその色調パターンは、隕石が衝突したときの様子を告げている。

隕石が地面に衝突したとき、爆発のような膨大な力が生じた。広い範囲にある、明るい色調の爆発模様は、衝突によって生じた衝撃波の熱風の結果だろう。

内側にあるもっと暗い爆発模様は、隕石が薄い氷層を貫通して、その下にある砂を掘り起こし、辺りに撒き散らしたことによるものだ。(HiRISE共同研究者 ロス・ベイヤー氏)


[画像を見る]

 じつは、こうした衝突は火星ではそれほど珍しいものではない。これまでの研究からは、火星には毎年200以上もの小惑星が衝突していることが判明している。

 これは過去10年間で特定された248個のクレーターの研究から明らかになったことで、マーズ・リコネッサンス・オービターとHiRISEの成果の一つである。

References:HiRISE | Impact Near the South Pole (ESP_057152_0985)/ written by hiroching / edited by parumo

記事全文はこちら:火星にできた放射状に広がる謎のクレーター。巨大な隕石が衝突した可能性(米研究) http://karapaia.com/archives/52270627.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月4日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。