南極の下にぽっかりと広がる巨大な空洞発見される。空洞は現在も急速に拡大中(NASA)

南極の下にぽっかりと広がる巨大な空洞発見される。空洞は現在も急速に拡大中(NASA)


 南極の秘密は徐々に明らかになりつつある。そしてそのコンディションは良好とは言えない。

 わずか数十年のうちに、数兆トンという氷が急激に失われている。しかもそれは、かつては安全だと考えられていた場所ですらそうなのだ。 

 新たな調査で、西南極スウェイツ氷河の下に巨大な空洞が発見された。
 それは山手線の内側の3分の2の広さで、高さは300メートルもあるという。

【世界で最も危険な氷河の下に広まる空洞、現在も拡大中】

 調査はNASAオペレーション・アイスブリッジの一環として行われたものだ。

 氷貫通レーダーのデータと、ドイツとフランスの研究チームが提供したデータを組み合わせると、スウェイツ氷河の下に巨大な空洞が成長していることが確認された。

 スウェイツ氷河は「世界で最も危険な氷河」とも言われている。その下にある空洞の大きさを鑑みるに、推定毎年2520億トンの氷が失われているようである。

 研究者によれば、空洞のかつての大きさは140億トン程度の氷が収まるくらいだったろうという。だが、恐ろしいことに、その氷の体積のほとんどが過去3年のうちに失われてしまった。

[画像を見る]

【空洞は大惨事の一角に過ぎない】

 スウェイツ氷河の一部では、毎年800メートルも氷が後退している。観測データによると、空洞の成長は、そうした「氷の後退と融解の複雑なパターン」による大惨事の1つにすぎないようだ。
 
 その複雑なパターンは、既存の氷床モデルや海洋モデルと一致しない。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「南極の下にぽっかりと広がる巨大な空洞発見される。空洞は現在も急速に拡大中(NASA)」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    地下の空洞に海水が入れば、その分海面は下降するんじゃないの?

    0
  • 匿名さん 通報

    地球空洞説?

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月5日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。