捕食獣、ピューマの食べ残しが森林の生態系を育んでいた(米研究)

捕食獣、ピューマの食べ残しが森林の生態系を育んでいた(米研究)

photo by istock
 ヘラジカは別名オオジカとも呼ばれ、オスとなれば、体重300キロを超える偶蹄類でも最大級の草食動物だ。

 それは捕食獣であるピューマのオスの3倍もの大きさだ。

 それでもピューマは非常にたくましく、また狩りの技術に長けており、そうした食べきれないほど大きな獲物を仕留めることができる。

 人間の食べ残しなら残飯として廃棄されるよりないが、ピューマの食べ残しの場合は、生態系への恩恵となる。

 クマ、キツネ、トリなどの腐肉食動物にとっての食料になるばかりか、無数の甲虫にとっても嬉しい贈り物なのである。
【ピューマは生態系のエンジニア】

 ピューマを研究するマーク・エルブロック氏は、これまでもオオカミ、キツネ、グリズリーといった数多くの大型脊椎動物がピューマが残した屍肉を食べていることを報告してきた。

 だが、今回新たに判明したのは、それによって惹きつけられてくる昆虫である。

 2016年5月から10月にかけて、調査チームが米ワイオミング州ブリッジャー=ティートン国立森林公園でピューマに殺されたヘラジカとミュールジカ18頭を調査したとき、そこにトラップを仕掛け、1週間ごとに何がかかっているか確認した。

 その結果、ピューマの食べ残しから215種、2万4000匹の甲虫を収集することができた――周辺で見ることができる生物多様性を超える数である。

 『Oecologia』に掲載された研究によれば、このことから、ピューマがたんなる捕食者などではなく、「生態系のエンジニア」であることが明らかになったのだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク