100を超える古代エジプト碑文がアメジスト採掘場から発見される。この地に残された多くの謎を解くヒントを得られるか?

100を超える古代エジプト碑文がアメジスト採掘場から発見される。この地に残された多くの謎を解くヒントを得られるか?


 エジプトのワディ・エル=フディは、古代エジプト人がアメジストを採掘していた場所である。ここから、岩に刻まれた100以上の古代碑文が発見された。

 さらに、14のステラ(碑文が刻みつけられた石板や柱)や45のオストラコン(文字が刻まれた陶器)も見つかった。

 目下、これら新たに発見された碑文の分析が進んでいる。およそ3900年前の中王国時代のもので、オストラコンの多くは、ローマがエジプトを支配した2000年前のものだという。
【古代エジプト人のアメジスト鉱山「ワディ・エル=フディ」】

 中王国時代のエジプトでは、アメジストが広く普及していた。ファラオがワディ・エル=フディがアメジストの宝庫であることを知ってから、彼らは夢中になってこの宝石を手に入れようとしていた。

 今回ここで調査を行ったケイト・リツカによると、中王国時代、採掘されたアメジストはジュエリーに加工され、上流階級やその令嬢たちに分け与えられたのだという。

 ワディ・エル=フディは、過去にも調査されているが、当時はこれら碑文のほとんどは見落とされた。「碑文は石や壁の裏側に刻まれていたので、わからなかったのでしょう」リツカは言う。

 調査チームは、3Dモデル、反射変換画像(RTI)、写真測量法などの画像解析技術を駆使して、新たな碑文を見つけ、遺跡をマッピングし、前にここを調査した学者が発見した碑文を再分析するのに役立てた。

 この作業は緊急を要していた。というもの、付近の金鉱開発が始まっていたので、遺跡にダメージを与えるかもしれないからだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年4月14日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら