「子犬を保護しました!」住民から通報を受けた保護団体が引き取りにいくと、なんとそれ、犬じゃなかった!(アメリカ)

「子犬を保護しました!」住民から通報を受けた保護団体が引き取りにいくと、なんとそれ、犬じゃなかった!(アメリカ)


 アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴにある動物保護施設、サンディエゴ・ヒューメイン・ソサイアティーは先週、近隣住民から子犬を保護したとの連絡を受けた。

 その住人は、ティエラサンタ地区で犬の散歩をしていたところ、生後約10日くらいの子犬が放置されているのを発見。保護するため自宅に連れ帰ったという。

 動物保護施設のスタッフは早速、引き取りに向かったが、そこで予想外の事実が明らかになった。住民が保護したのは犬ではなかったのだ。
【犬とコヨーテの赤ちゃんの違いを見分けるのは至難の業!】

 その子犬、どうみても犬にしか見えないけど、実はコヨーテの赤ちゃんだったのである。

 サンディエゴ・ヒューメイン・ソサイアティーは、ひとまずケアをするために、コヨーテの赤ちゃんを野生動物の保護施設、プロジェクト・ワイルドライフへと届けた。

 プロジェクト・ワイルドライフのローレン・デュボワさんは

犬とコヨーテの赤ちゃんの違いを見分けるのは、特に生まれたばかりであればあるほど、本当に難しい

と語る。

San Diego Humane Societyさんの投稿2019年4月10日水曜日


【母コヨーテが引っ越しでたまたま不在にしていた可能性も】

 ローレンさんによると、コヨーテは頻繁に巣を移動することで知られており、今回の件はもしかしたらちょうど母親が引っ越し準備の最中で不在にしていた可能性がある。

 近隣住民はたまたまそのタイミングで通りかかり、捨てられたあるいは育児放棄されたと考えて保護してしまったのかもしれないとのこと。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年5月13日のびっくり記事
「「子犬を保護しました!」住民から通報を受けた保護団体が引き取りにいくと、なんとそれ、犬じゃなかった!(アメリカ)」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    《ごーかんの都頭狂》《一日に二人の頭狂ごーかん男逮捕》一方《他国の出来事で自らの不都合ひた隠す中国そのまま動物虐待殺害最多頭狂穢土人民腸栓共和国では》女性脅し、ごーかん頭狂男が逮捕された事がわかった。

    1
  • 匿名さん 通報

    ノルウェー人女性がフィリピンで拾った子犬に噛まれて狂犬病で亡くなったというニュースもあったし、可愛いとか可哀想という理由で手を出すべきではないね。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。