アメリカで今も愛され続けているアメリカ最古の絵本『100まんびきのねこ』

アメリカで今も愛され続けているアメリカ最古の絵本『100まんびきのねこ』

100まんびきのねこ (世界傑作絵本シリーズ)
 ワンダ・ガアグ(1893年3月11日 - 1946年6月27日)は、アメリカで最も古い児童絵本を作った女性アーティストとして知られている。

 ガアグは、自由な思想をもち、自分の服をデザインしたり、おとぎ話を翻訳したり、イラストを描いたり、リトグラフを作ったりと、多岐にわたって活躍した。

 その絵本は1928年に出版された『100まんびきのねこ』である。

 この絵本はニューベリー賞など、いくつかの賞を受賞し、今も世界で愛され、再販が続けられている。

【アーティストの父の遺した最期の言葉】

 ワンダ・ガアグが15歳のとき、アーティストだった父親が結核で亡くなり、最期に娘に残した言葉は次のようなものだった。

パパができなかったことを、ワンダならきっと成し遂げられる

 ガアグは確かに、その後も父親の仕事を受け継ぎ、著名なアーティストでイラストレーターになった。

[画像を見る]
Kerlan Collection, University of Minnesota/public domain
【100まんびきのねこ】

 『100まんびきのねこ』は、友人の子どもたちを楽しませるために書いたお話だ。

 文章と絵はガアグ自身が書き、彼女の弟が書いた手書きの文字がそのまま絵本になった。見開き2ページに渡ってイラストが描かれるのは、当時の絵本としては斬新だった。

[画像を見る]

 あらすじはこうだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年5月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら