武装グループに連れ去られ、ヘビに噛まれ、銃撃戦に巻き込まれながらも、動物園に帰還することができたインコのフレディの物語(ブラジル)

武装グループに連れ去られ、ヘビに噛まれ、銃撃戦に巻き込まれながらも、動物園に帰還することができたインコのフレディの物語(ブラジル)


 4月18日。アオボウシインコのフレディは、無事にブラジル、パラナ州のカスカベルにある動物園に帰還した。ケージ脇の松の根元にいるのを、職員に発見されたのだ。

 「帰還した」ということは、その前に動物園からいなくなっているのだ。強盗に連れ去られていたのである。

 そしてフレディの苦難はこれだけではない。

 大型のインコは寿命も長いので、フレディの年齢はわからない。しかし、その生の何分の一かを占めるこの4年間に、散々な目に遭ってきたのだ。

 では、フレディの鳥生を遡っていこう。
【強盗にさらわれたフレディ】

 4月16日にフレディを動物園から連れ去ったのは、武装した三人組だった。動物園の警備員を武力で圧倒して、侵入したのだ。

[画像を見る]

 強盗たちは、警備員を床に伏せさせ、倉庫に侵入した。その倉庫は、夜間にインコたちを寝かせるための場所でもあり、強盗はフレディともう1羽のインコ、それからガスのシリンダー1本を奪って逃げたのだ。

 フレディの夜間用ケージの側に血が垂れていたことから、フレディが犯人に咬み付いて難を逃れたのではないかという推測もされている。

 「(フレディは)野性味を残したやつですからね」と動物園の獣医であるデトーニ氏。

【ヘビに咬まれたけど無事だった】

 さて、強盗に誘拐されたのは、実は、この動物園におけるフレディの二度目の苦難であった。

 一度目は4月の頭のことだ。フレディはヘビに脚を咬まれたのである。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月10日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。