オンリーGoogle?グーグルのオフィスのガラス窓は巨大な「付箋アート」のキャンバスになっていた件

オンリーGoogle?グーグルのオフィスのガラス窓は巨大な「付箋アート」のキャンバスになっていた件


 世界50ヵ国に70以上存在するGoogleオフィスは、それぞれにユニークでハイセンスでかっこいいことで知られている。

 そのうちのいくつかのGoogleオフィスでは、窓ガラスが巨大な「付箋アート」のキャンバスになっているようだ。

 長い一日の仕事の終わりにリラックスするために、そして仕事場をもっとパーソナルな場所にするために、「付箋アート」を楽しむグーグラー(Google社員)も多いみたいだよ。

【社員同士の挨拶がきっかけでトレンドとなった「付箋アート」】

[動画を見る]
How Googlers turned an office into a sticky-note art gallery

 その名の通り、窓ガラスに付箋を貼りつけてさまざまなキャラクターなどをドット絵風に描く「付箋アート」。

 あるGoogleオフィスでは、通路の向こう側にいる社員の挨拶がきっかけで始まったという。

 窓ガラスに鮮やかな色の付箋で「こんにちわ!」と描いて挨拶したところ、相手はちょっと恥ずかしそうに控えめに付箋でチームロゴをかたどって返信。

 しかし、もっとクリエイティブに、と思い直したのかその後すぐにピンク色をした巨大なドット絵のポニーが出現したそうだ。

[画像を見る]

【ドット絵のマリオやピカチュウがGoogleオフィスの窓にいっぱい!】

 一握りのグーグラーから始まった「付箋アート」だったがすぐに社内でトレンドとなった。グーグル社の「10x(10倍の成果を出す)」というモットーも手伝って、どんどんすごい作品が現れた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年5月14日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。