海外で噂になっている10の都市伝説。実話に基づいたものはあるのか?

海外で噂になっている10の都市伝説。実話に基づいたものはあるのか?

Fursov Dmytro/iStock
 都市伝説は伝言ゲームのように人から人へと伝えられる噂話である。まったくの作り話の時もあれば、伝わっていくうちに尾びれ背びれがついて話が大きくなったり、信ぴょう性を持たせるために実際にあった別の話と合わさっていることが多い。

 友人の知人、遠い親戚の知り合いから聞いた話など、特定出来ない人が体験したものとして語られるのも特徴だ。

 最終形態の都市伝説だけ聞くともう恐怖しかなくなるわけだが、その中にも一握りの真実が含まれているものがある。

 ここでは海外で出回っている10の都市伝説と、それが事実に基づいたものなのかどうかを見ていくことにしよう。われわれ日本人には全くなじみのない都市伝説がほとんどだ。
【1. ヘッドライトを点滅させながら、ギャングがターゲットを追い回して殺しにくるという話は、実際のギャングの儀式に基づいている】

[画像を見る]
releon8211/iStock×:この都市伝説は80年代に出回ったが、ギャングの活動と関係しているという証拠はなにもない。

【2. 森の中にさまよい込んだ子供の腹を裂き、内臓を取り出すという、スタテン島の怪物クロプシーは、実在の人物から発想を得た】

[画像を見る]
ISO3000/iStock〇:精神病院に勤めていた元従業員、アンドレ・ランドはふたりの子どもを誘拐した罪で有罪になった。ひとりは遺体で見つかり、もうひとりはいまだに行方不明だ。この事件が、クロプシー伝説の着想につながったと言われている。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年5月14日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。