犬の子1匹通さない。あの猫の野外警備隊たちに犬のぬいぐるみ(鳴き声装置付き)を仕掛けたらどうなるのか?

犬の子1匹通さない。あの猫の野外警備隊たちに犬のぬいぐるみ(鳴き声装置付き)を仕掛けたらどうなるのか?


 家の中には2匹の飼い猫、外には5匹の野良猫により完全に守られている家がある。ウォルター・サンティ氏の自宅の警備は万全であり、隣家の犬が侵入しようとすると猫警備隊によりことごとく阻止されるという話は前回お伝えした(関連記事)。

 さてそのセキュリティーレベルはいかほどのものなのだろうか?サンティ氏はぬいぐるみの犬に改造を施し、鳴き声を発するようにしたものを家の庭の犬小屋や木の上に設置し、猫たちの反応を見ることにした。

 ただしぬいぐるみの犬が発する鳴き声は犬の声ではなく子猫の鳴き声というトリッキーなものである。
[動画を見る]
Cats confused by meowing plush puppy

【犬なのに猫だと?】

 まずは犬小屋にぬいぐるみを設置。その形はどうみても犬だが、鳴き声は子猫なのである。これは排除してよいものなのか、受け入れるべきなのか?

 ぬいぐるみが鳴き声を発したとたん、二足立ちになってしまった警備隊員

[画像を見る]

 
 あかん。うちらの仕事は警備警備。
 様々な角度から攻めるも、鳴き声が聞こえると躊躇してしまうようだ。

[画像を見る]

【猫警備隊混乱】

 敵なのか味方なのか?
 明らかに戸惑いを見せる警備隊員たち。

[画像を見る]

 それは木の上に設置しても同様だった。

[画像を見る]

 ということで犬なら容赦なく追い出すが、猫の鳴き声がすると不思議が加速してどうしていいか混乱してしまうようだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年5月14日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。