時にキョンシーのごとく。重力の少ない月面で作業するのは超大変なんだから(宇宙飛行士)

時にキョンシーのごとく。重力の少ない月面で作業するのは超大変なんだから(宇宙飛行士)


 月の重力は地球の6分の1と言われている。更に地球にあるような大気もない。そこでの作業は困難を要するのである。

 この映像はアポロの宇宙飛行士たちが月面で作業を行っている様子を撮影したものだ。重い宇宙服を着ながら、重力の低い月面での作業は困難を伴うのである。
[動画を見る]
Moon footage sped up

 地面に杭を打ち付けるというこの作業、月面で行うとなると地球上とは勝手が違う。ものすごく大変な作業となる。

[画像を見る]

 移動するのも普通に歩けるわけではない。
 重力が低いのでピョンピョンと、跳ねるような感じで移動するのだ。そして時に、岩につまづいてころんでしまうことも。

[画像を見る]

 いくら地球上で訓練を重ねてきたとしても現場での作業は困難を伴いまくりなのだ。

 1972年12月を最後に47年間、人類は再び月面に立っていない。当時に比べたら目覚ましく技術は進歩しているはずだ。

 次に人類が月面に降り立つ時、宇宙服も改善に改善を重ねているはずだ。もっと動きやすくなっているに違いない。その時宇宙飛行士たちはどんな動きを見せてくれるのだろう。今から楽しみでならない。

記事全文はこちら:時にキョンシーのごとく。重力の少ない月面で作業するのは超大変なんだから(宇宙飛行士) http://karapaia.com/archives/52274542.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年5月23日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。