1兆2000億本の木を植えることで人間が排出する二酸化炭素を10年分吸収してくれる(スイス研究)

1兆2000億本の木を植えることで人間が排出する二酸化炭素を10年分吸収してくれる(スイス研究)


 植物は光エネルギーを使って水と空気中の二酸化炭素を吸収し、酸素を排出する。ご存じの通りこれは光合成と呼ばれるものだ。

 人為的な二酸化炭素排出による自然環境破壊という問題に、人類は今取り組んでいるわけだが、スイスのチューリッヒ工科大学の生態学者とそのチームが、新たな研究結果を発表した。

 この地球上に新たに1兆2,000億本の木々を植えると、人間が人為的に排出する10年間分のCO2排出量が木に吸収されるというのだ。
【地球温暖化により気候変動が加速している】

 生態学者トーマス・クロウサー博士は、これまでの研究で世界の炭素の多くが北極圏もしくは亜寒帯地域に存在していることを発表していた。

 今回の研究では、地球温暖化により土壌が温まると、特にこれら高緯度の地域の土壌からのCO2排出量が増加し、それが放出されると気候変動を17%加速させる可能性があると明らかにした。

このままでは、温暖化が2050年までに上層地平線から55ギガトンの炭素の損失を生じさせることになるという。

 そこでこの問題の解決策として、1兆2,000億本の植樹活動を提案したのだ。

[画像を見る]
kanenori miura / Pixabay
【植林は気候変動との闘いにおいて、最も強力な武器】

 今年、ワシントンD.C.で開催されたアメリカ科学振興協会で、クロウサー博士はチーム一同が取り組んだ研究を発表した。

 世界中の120万か所におよぶ地域から、森林目録データと衛星画像を組み合わせて調査を行ったチームは、現在の地球上には3兆本の木があると見積もった。これは、過去の見積もりデータの7倍になるそうだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月21日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。