対物性愛は共感覚と関連性が?「浮き輪のおもちゃ・石橋・自由の女神」人外に恋した3人の物語。

対物性愛は共感覚と関連性が?「浮き輪のおもちゃ・石橋・自由の女神」人外に恋した3人の物語。


 愛する対象は人それぞれだ。一般的に多くの人は同じ人間に対し恋愛感情を抱くが、人間や動物など生命のあるものにではなく、物に愛情を抱き、性的に惹きつけられる人も存在する。

 これは対物性愛と呼ばれていて、その対象はおもちゃから家電、建造物など様々だ。

 なぜ人ではなく動物でもなう物質に恋愛感情を抱いてしまうのか?

 人間が嫌いになるようなトラウマ経験によるものという説もあれば、共感覚(シナスタジア)により物を人間と同一視していまうという説もある。まあとにかく多様性の1つの形ではあるのだろう。

 ここでは浮き輪のおもちゃ、石橋、自由の女神(からのシャンデリア)に恋した3人の物語を見ていこう。
【浮き輪のおもちゃに恋する男性(アメリカ)】

 アメリカ、カリフォルニア州に住むマークさん(27歳)は、良い教育を受け話術にも長け、フルタイムの仕事を持ってしっかりと地に足がついた生活を送っている。

 しかし、彼が愛する対象は普通とはちょっと違う。マークさんは、空気を入れて膨らませて遊ぶプール用おもちゃに恋しているのだ。コレクターとしておもちゃ集めに夢中になるのではなく、おもちゃに恋愛感情を抱いているのだ。

[動画を見る]
I Love My Inflatable Animals | My Strange Addiction

 マークさんの側には、ドラゴンのドレカ、サメのサミー、グリフィンのギャビンなどそれぞれ名前が付けられたプール用おもちゃがある。これらのおもちゃに恋するようになったのは、マークさんが14歳の時だったそうだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年5月23日のびっくり記事
「対物性愛は共感覚と関連性が?「浮き輪のおもちゃ・石橋・自由の女神」人外に恋した3人の物語。」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    「ライナスの毛布」は異常でもなんでもなく、精神の安定に役立っている。これらも同じこと。オペラ歌手で特定のハンカチがないと歌えない人もいた。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。