1000年以上前のミステリアスな死者の石壺が発見される(ラオス)

1000年以上前のミステリアスな死者の石壺が発見される(ラオス)


 東南アジアの山々をおおううっそうとした森林の奥深く。ラオス、シエンクワーン県の平原には多くの謎が隠されている。

 その謎が現代の研究でようやく解明されつつあるようだ。

 オーストラリア国立大学(Australian National University)の研究チームが、1000年以上前の石壺を大量に発見したという。石壺は15ヶ所で計137個発掘された。
【かつて巨石構造が発見された遺跡】

 「石壺の平原」と呼ばれるこの辺りからは、2000年以上前の鉄器時代のものと思われる数多くの空洞の巨石構造発見されており、中には高さ3メートルに達する巨大なものもあった。

 おそらく遺体を埋葬するために使われていたのだろうと考えられているが、本当のところははっきりしておらず、だれがそこに持ち込んだのかも不明だ。

 地元に伝わる伝説によれば、巨石ははかつて酒飲みの巨人の杯だったといわれている。

[画像を見る]

【死者を埋葬したと考えられる1000年前の石壺】

 今回新たに発見されたのは1000年前の「死者の石壺」である。

 死者の石壺を再発見したのはオーストラリア国立大学の研究チームで、次のようにコメントされている。

トラの密猟者がたまに立ち寄る程度の僻地で、石壺を再発見しました。この文化自体や、この文化で人がどのように埋葬されていたのか、そうしたことを明らかにしたいと思います。(ニコラス・スコパル氏)

石壺の安住の地としてここが選ばれた理由は謎です。しかも、この地域を人が占有していたという証拠もないのです。(ドゥーガルド・オライリー氏)

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年5月25日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。