これって燃え尽き症候群?自分が燃え尽き症候群になっていないかどうか確認する4つのチェックリスト

これって燃え尽き症候群?自分が燃え尽き症候群になっていないかどうか確認する4つのチェックリスト

Gerd Altmann / Pixabay
 仕事で時にストレスを感じるのはごく普通のことだ。しかし、過度なストレスが続くことで衰弱状態に陥ってしまう。意欲を無くし、社会的に機能しなくなってしまう場合もある。

 そんな症状を英語で「バーンアウト」という。日本語だと「燃え尽き症候群」となる。

 日本語の意味だと、大きな仕事が終わったあとに目的を失ってしまう虚脱状態も燃え尽き症候群に含まれているが、この記事ではそれは含まれない。

 自分の現在の状態というのは、なかなか気が付きにくいものだ。ここでは燃え尽き症候群(バーンアウト)に関する海外の情報を見ながら、自分が燃え尽き症候群予備軍なのかどうかチェックしてみよう。
【燃え尽き症候群は職業上の現象】

 これまで、燃え尽き症候群(バーンアウト)は疾病として分類されていたが、5月28日にWHO(世界保健機関)は、燃え尽き症候群を「職業上の現象」と定義づける方針を明らかにした。

 これは、仕事が原因となって引き起こされる慢性的なストレスによる症候群であることを、よりよく反映するためだという。

 つまり、燃え尽き症候群は、健康に悪影響を与える原因の1つではあるが、病気や障害そのものとは明確に区別されたものであるということだ。

【WHOで定義された燃え尽き症候群の特徴】

 では、どのような現象が燃え尽き症候群なのか。

 WHOが発表した国際疾病分類(ICD)のリストによると、その特徴として「エネルギーの枯渇や消耗したという感覚」「仕事に対する心理上の隔絶感。もしくは仕事に関して否定的または冷笑的な感情が湧く」「業務効率の低下」といった3点が挙げられている。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年6月17日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。