クチバシと頭蓋骨の飾りをつけた青銅器時代の「バードマン」の遺骨が発見される(シベリア)

クチバシと頭蓋骨の飾りをつけた青銅器時代の「バードマン」の遺骨が発見される(シベリア)

画像は映画「ヴィレッジ」に出てくる森の怪物
 およそ5000年以上前、青銅器時代のものと思われる人間の遺骨が発見された。その遺骨の頭部の下あたりには、数十の鳥のくちばしや頭蓋骨から作られた首飾りや頭飾りが整然と配置されていた。

 ロシア・シベリアのノヴォシビルスク地区ウスト・タルタスから発見された、この遺骨はそれらのユニークな装飾品から『バードマン』と呼ばれている。
【鳥のくちばしや頭蓋骨で装飾されたバードマン】

 「30から50の鳥の頭蓋骨と長いくちばしが、人間の頭骸骨の下に整然と配置されていて、首を覆う襟のように置かれていた」と、シベリアにあるノヴォシビルスク考古学・民俗学研究所の研究者リディア・コベレヴァ氏は説明する。

[画像を見る]

 「このクチバシや頭蓋の首飾りは、鎧のような防護服だったか、儀式のための装束だったのかもしれないと」コベレヴァ氏。

 鳥の種類は特定できていないが、サギやツルといった大型の浜鳥の可能性が高い。

 これらの頭蓋やクチバシは互いにつながっていたか、なにか織物に取りつけられていたようだが、縫い合わせていたはずの穴が骨に一切見つかっていない。

[画像を見る]
墓から見つかった鳥のクチバシや頭蓋骨

【バードマンの近くに埋葬されていた男性と子供の遺体】

 さらに、このバードマンには仲間がいた。そばにもうひとつ二層になった墓が発見されている。上の段には、5歳と10歳くらいのふたりの子供の遺体があり、木のしきりを隔てた下の段には、大人の男性の遺骨があった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年6月10日のびっくり記事
「クチバシと頭蓋骨の飾りをつけた青銅器時代の「バードマン」の遺骨が発見される(シベリア)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    パーマンのバードマンかと思った。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。