空気入ってないっす。3Dプリンターで印刷されたエアレスタイヤがミシュランから登場!

空気入ってないっす。3Dプリンターで印刷されたエアレスタイヤがミシュランから登場!


 今月4日、世界的なタイヤメーカー、ミシュランが2024年販売予定の次世代タイヤのプロトタイプを公開した。

 「持続可能なモビリティ」を目指すミシュランの新たなタイヤはなんとエアレス。100%持続可能な材料でできた3Dプリンタ製だ。

 従来のような空気充填型ではないため、鋭いクギが刺さってもパンクの心配が無く、環境問題になっている廃タイヤも大幅に削減できるという。
[動画を見る]UPTIS: a fundamental step towards more sustainable mobility!

【ミシュランが発表した新しいタイヤ】

 6月4日、各国の自動車メーカーが参加した「MovinOn 2019 」で、主催のミシュランが新たなタイヤのプロトタイプを披露した。

[画像を見る]

 この世界的なサミットは、カナダのモントリオールで「持続可能なモビリティ」をテーマに行われた。

【穿刺防止構造の安全なエアレスタイヤ】

 このタイヤはUptisと呼ばれるユニークな穿刺防止構造から成り、100%持続可能な材料でできている。

従来のタイヤとは異なる3Dプリンタ製のエアレスタイプ
エアレスだから釘が刺さってもパンクなしで走行可能
[画像を見る]

空気圧チェックも不要で長持ちするという
[画像を見る]

【GMの協力で開発。廃タイヤ削減メリットも】

 ミシュランがUptisのアイデアを初めて明かしたのは2017年のサミットだった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年6月12日のびっくり記事
「空気入ってないっす。3Dプリンターで印刷されたエアレスタイヤがミシュランから登場!」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    タイヤ組むの大変そう。。。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。