知ってた?世界のマカダミアナッツの70%はオーストラリアの一本の木によってもたらされたものだった


sunnysun0804 / Pixabay
【絶滅の危機にあるマカダミアナッツの野生種】

 今日、クイーンズランドに自生するマカダミアナッツの4つの野生種は、3種はその生存を脅かされていて、ひとつは絶滅を危惧されている。

 サンプルを集めて、ハワイで育った一本の木にたどり着いたが、野生種にさかのぼることはできなかった。

 欠けている遺伝子多様性をもっている可能性がある、昔の野生のマカダミアナッツの木を識別するのに、地元の潜在的ナッツスポッターを巻き込んでいる。

 もし、近いうちにクイーンズランドでそれらしいグリーンのナッツが木から下がっているのを見つけたなら、葉のサンプルを送って欲しいとハードナー博士は呼び掛けている。

 それが、オーストラリアの濃厚な野生のマカダミアナッツの種を保存する助けになるかもしれない。

 この研究論文は『Frontiers』に掲載された。

References:uq.edu/ written by konohazuku / edited by parumo

記事全文はこちら:知ってた?世界のマカダミアナッツの70%はオーストラリアの一本の木によってもたらされたものだった http://karapaia.com/archives/52275397.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年6月13日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。