知覚過敏な歯と体にやさしい。紅茶キノコを使ったジオメトリックなフルーツアイスキャンディーが登場(アメリカ)

知覚過敏な歯と体にやさしい。紅茶キノコを使ったジオメトリックなフルーツアイスキャンディーが登場(アメリカ)


 日本では、健康食品として1970年代に流行した紅茶キノコ。これは紅茶か緑茶に砂糖を加え、そこに酵母と酢酸菌の共生培養でできるスコビー(SCOBY)というゲル状の種菌を漬け込んで発酵させたものだ。

 欧米では「コンブチャ」と呼ばれ、タブレット錠にしたものが人気の健康食品となっている。その紅茶キノコを使って誕生したのが、ジオメトリックな形のフルーツアイスキャンデーだ。

 体にやさしいだけでなく、形状をジオメトリック型にすることで噛む時に歯にしみないようになっている。
【体にやさしいアイスキャンデーづくりを目指して】

 棒付きアイスキャンデーの会社「The Better Pop Co.」の創設者ルビー・シェクターさんは、母親が消化器系の問題を抱えていたこともあり、将来はヘルシーな食品会社を始めたいと常々思っていた。

 そこで、プロバイオティクス(乳酸菌に代表される善玉菌)をうまく体に取り入れるより良い方法として、ユニークなアイスキャンデーを作ることを思い付いたのだという。

[動画を見る]
Geometric Popsicles Are Designed For People With Sensitive Teeth

【ジオメトリックな形状で知覚過敏な歯にもやさしい】

 実験を重ねて出来上がったのが、紅茶キノコをフルーツとスパイスで混ぜ合わせたアイスだ。
[画像を見る]
 このジオメトリック(幾何学的)な形をしたユニークなアイスキャンデーは、ヘルシーなおやつというだけでなく、実は様々なメリットがあるとルビーさんは話す。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年6月13日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。