めっちゃ流線形!外装やシャーシ全てが3Dプリントで作られたスポーツカー「Blade(ブレード)」

めっちゃ流線形!外装やシャーシ全てが3Dプリントで作られたスポーツカー「Blade(ブレード)」


 美しい輝きを放つマゼンタ色のなめらかなボディ。そのフォルムからしてかなりの走りを見せてくれそうだ。

 アメリカ・サンフランシスコを拠点とする企業Divergent Microfactoriesの「Blade(ブレード)」はなんと外装やシャーシ(足回り機構)にも3Dプリントを利用した世界初の車だという。

 この工夫により重量およそ630kgという軽量化を実現。わずか2.2秒で時速0~97kmまで加速する驚きのスポーツカーなのだ。
【3Dプリントの可能性を自動車業界に】

 新たな技術である3Dプリントは、時間の短縮や信頼性の向上に役立つだけでなく、手頃な価格で入手しやすいうえに持続可能性もある。

[画像を見る]

 「自動車業界において持続可能性はもはや無視できない側面」と語るのは、Divergentの創設者でありCEOでもあるKevin Czingerだ。

[画像を見る]

 かねてから環境汚染を憂慮しているCzingerは、自動車業界は製造工程を見直すべきだと考えている。

【内部機構を3Dプリントで軽量化】

 設計に数年を費やしたというBladeの骨格は、3Dプリントでできたアルミ合金部品とカーボンファイバーパイプでできている。

[画像を見る]

[画像を見る]

 プリントされた部品にはあらかじめジョイントが設けてあり、そこにカーボンファイバーパイプを差し込んで接合することで強固で軽量な車体が組み上がる。

[画像を見る]
カラパイアの記事をもっと見る 2019年6月16日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら