手話を知らなくても会話できる。手話を言葉に変換する手袋デバイスが開発される

手話を知らなくても会話できる。手話を言葉に変換する手袋デバイスが開発される

African Curators
 25歳のケニア人エンジニアで革新家のロイ・アレラ氏が開発したのは、手話で会話する耳の聞こえない人と、耳は聞こえるが手話のできない人が瞬時にコミュニケートできる手袋デバイスだ。

 この「Sign-IO」という手袋デバイスを使うことで、手話を行う手の動きを翻訳して、瞬時に音声に置き換えてくれるという。

 この手袋が聴覚障碍者との会話の架け橋になることが期待されている。
【手袋デバイスが手話の動きを認識し音声に変換】

 この手袋には、それぞれの指に仕込まれたセンサーが、各指が決まった位置までどこまで曲がるかなど、その位置を見極めることができる。

 手袋は、ブルートゥースでアンドロイド携帯につながっていて、そこで音声変換ソフト機能を利用して、手話の動きを翻訳して音声としてアウトプットする。

[画像を見る]
African Curators
【耳の聞こえない姪っ子との体験がきっかけ】

 Sign-IOのアイデアは、耳の聞こえない幼い姪っ子とアレラ氏の個人的な体験がきっかけだったという。

 アレラと家族は手話はできたが、それでも姪との適切なコミュニケーションには苦労していた。

 「姪が彼女の携帯かぼくの携帯と同期したこの手袋をはめて、歌い始めた。そうすると、彼女が言っていることがわかったんだ」アレラは語る。

[画像を見る]
Roy Allela
【聴覚障碍のある人々の手助けに】

 アレラの構想は、まずこの翻訳手袋を故郷のケニアの特別にこうしたニーズがある学校に設置し、そこからできるだけたくさんの聴覚障碍児童に広げていこうとしている。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月27日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。